ご神徳とご利益

 
神話の世界
   「海幸彦と山幸彦」~
   「初代大王の誕生」


 

 
  日根神社のなりたち
 
   年間の行事予定
 

  
 「まくら祭り」・「ゆ祭り」
 
  
子授け・安産祈願
  
安眠・枕の祈願
  厄除け・七五三
   家の新築・工事の祈願
   地鎮祭・出張祭
   通信祈祷のお申し込み

 
   お札・お守り・祀り方
  ・通信でのお申し込み

 
   アクセスマップ
 
  ・神社・関係団体
  ・近郊の名所
  ・情報サイト


 
   お気軽にご相談ください


海幸彦(ウミサチヒコ)・山幸彦(ヤマサチヒコ)

高天原(天上)から初めて豊葦原の中津国(日向国)に降りた神である邇邇芸命(ニニギノミコト)は、木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)と出会い、火照命(ホデリノミコト)、火須勢理命(ホスセリノミコト)、火遠理命(ホオリノミコト)という3人の子をもうけました。

火照命は、またの名を海佐知毘古(海幸彦=ウミサチヒコ)といい海で漁をして暮らしていました。
火遠理命は、またの名を穂穂手見命(ホホデミノミコト)とも山佐知毘古(山幸彦=ヤマサチヒコ)ともいい山で狩をして暮らしていました。

ある日、山幸彦は兄の海幸彦に「お互いの獲物を捕る道具を交換してみませんか?」と頼みましたがなかなか聞き入れてくれません。
しかしながら何とか頼み込んで少しの間だけ取り換えてもらうことになりました。

そこで山幸彦は兄の釣具を持って海へ行き、海幸彦は弟の弓矢を持って山へ行きました.。しかし二人とも全く獲物が獲れません。それどころか山幸彦は釣り針を無くしてしまいました。

これを聞いた海幸彦はかんかんに怒って、山幸彦がいくら謝っても許してくれません。山幸彦は身に着けている剣で500本の釣り針をつくって差し出しましたが海幸彦は許しません。今度は1000本の釣り針をつくって償おうとしましたが、兄は「無くした釣り針でなくてはだめだ!」と言い受け取りません。

困り果てた山幸彦が海辺で泣いていると、塩椎神(シオツチノカミ)がやって来て「どうしたのですか?」と訊ねます。
訳を聞いた塩椎神は竹で船を作り、「船はやがて海の国を治める綿津見神(ワタツミノカミ)の宮殿に着きます。門のところに泉がありますから、そばの木の上に登って誰かが来るまで待っていなさい」と言いました。


海の宮殿


山幸彦が船を出すと、やがて塩椎神が言ったとおり立派な御殿に着きました。門を入ると泉のそばに木があります。そこで山幸彦はこの木に登り、しばらく待ってみることにしました。

やがて女の人が水を汲みにやって来ました。水入れに水を汲もうとすると、泉に何やら写っています。上を見上げると、木の上に美しい姿の若者がいます。驚く女の人に山幸彦は「怪しい者ではありません。水を一杯いただけませんか?」と頼みました。
女の人が水を汲んで差し出すと、山幸彦は首飾りを外し宝玉を口に含んで水入れの中に入れました。するとその宝玉は水入れにくっついて離れなくなってしまいました。

綿津見神の娘である豊玉毘売命(トヨタマヒメノミコト)は、侍女が持ち帰った水入れに宝玉が付いているのを見て「外にどなたかいらっしゃったの?」と訊ねました。
侍女から話を聞いた豊玉毘売命はすぐに泉へ出かけてみました。そして山幸彦を見て「なんて素敵な方」、また山幸彦も「なんと美しい姫だ」と、二人とも一目でお互いを好きになりました。

綿津見神も喜んで山幸彦を迎え、盛大にもてなしました。二人は結婚し、釣り針のことなど忘れて幸せな時を過ごしました。

3年の月日が流れたある日、山幸彦は無くした釣り針のことを思い出し、ため息をついていました。それを見た豊玉毘売命も綿津見神も心配になり「ひどくため息をついておられますが、何かわけがあるのでしょう。どうか話してください」と言いました。

そこで山幸彦は事情を説明し、自分が海の国に来たわけを語りました。綿津見神はすぐに海中の魚を呼び集め「この中に釣り針を取ったものはいないか?」と訊ねました。
すると魚たちが「このごろ鯛が喉が痛いと言っています。きっと釣り針を飲み込んだに違いありません」と言いました。さっそく鯛の喉を調べてみると、確かに無くしたあの釣り針が刺さっていました。

綿津見神は山幸彦に「この釣り針を返すときには、手を後ろに回して『オボチ(ぼんやりする)釣り針、ススチ(あわてる)釣り針、マヂチ(貧乏になる)釣り針、ウルチ(愚かになる)釣り針』と唱えて返しなさい。そして海幸彦が高い所に田をつくったら、あなたは低い所へつくりなさい。海幸彦が低い所に田をつくったら、あなたは高い所につくりなさい。もし海幸彦があなたを恨んで襲ってきたら潮満玉(シオミツタマ)で溺れさせ、謝ったなら潮乾玉(シオフルタマ)を使って助けてやりなさい」と言い、水を操ることの出来る潮満玉と潮乾玉を授けました。

こうして山幸彦はワニ(=サメ)に送られてふるさとに戻って来ました。


潮満玉(シオミツタマ)・潮乾玉(シオフルタマ)


帰った山幸彦は教わった通りおまじないを唱えてから兄の海幸彦に釣り針を返しました。
すると不思議なことに海幸彦の釣り針には魚が一匹もかからなくなりました。そこで今度は田を耕しましたがお米も全く出来ず、海幸彦はだんだんと貧しくなっていきました。

海幸彦は「山幸彦のせいに違いない!」と襲いかかってきました。このとき山幸彦が潮満玉を取り出すとたちまち水が溢れ出し海幸彦を溺れさせてしまいました。海幸彦が泣いて頼むので、次に潮乾玉を取り出すと、あたり一面にあった水がみるみるうちに引いていきました。

海幸彦は「いじわるをして悪かった。どうか許しておくれ」と謝りました。こうして海幸彦と山幸彦は仲直りして、平和に暮らしました。

※この「潮満玉」と「潮乾玉」は鹿児島県にある『鹿児島神宮』にお祀りされています。


豊玉毘売命(トヨタマヒメ)の出産


あるとき豊玉毘売命が綿津見国から夫の山幸彦=穂穂出見命(ホホデミノミコト)を訪ねて来ました。
豊玉毘売命は「わたしはあなたの子を身ごもっております。もう生むときに近づいておりますが、天上の神の御子を海の国で産むわけにはまいりません。ですからこうしてやってまいりました」と言いました。

そこですぐに、海の渚に鵜の羽を屋根の葺草にして産屋をつくることにしました。
しかし、まだ屋根が葺き終わらないうちに産気づいてきて、もう待てなくなりました。豊玉毘売命は夫に「わたしが子供を産むときには海の国の本来の姿に戻ります。ですから絶対に見ないでください」と言い残して産屋に入りました。

しかし穂穂出見命は豊玉毘売命のいいつけを守らずこっそりと覗いてしまいました。産屋の中では巨大なワニ(=サメ)がうねりくねっていて、これを見た穂穂出見命は驚いて逃げ出してしまいました。

覗かれたことを知った豊玉毘売命はたいへん気まずく思い「わたしは、いつでも海の道を通って海の国と地上とを行き来しようと思っていました。しかしわたしの姿を覗かれたのでそれも出来ません」と言って、海の国と地上との境である海坂を塞ぎ、海に帰ってしまいました。
こうして海と地上とは遮断され自由に行き来が出来なくなりました。

生まれた御子の名は『鵜の羽で屋根を葺ききらないうちに生まれた優れた男の神』という意味で、鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアヘズノミコト)と名付
けられました。

※豊玉毘売命の本来の姿である巨大な「ワニ」とは、「鮫」(『古事記』)の他に、「龍」(『日本書紀』)であるという説もあります。


鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアヘズ)・玉依毘売命(タマヨリヒメ)


豊玉毘売命が海に帰ってしまったため、妹の玉依毘売命(タマヨリヒメノミコト)が鵜葺草葺不合命を育てることになりました。

成長した鵜葺草葺不合命は乳母である玉依毘売命と結婚し、五瀬命(イツセノミコト)・稲冰命(イナヒノミコト)・御毛沼命(ミケヌノミコト)・若御毛沼命(ワカミケヌノミコト)という4人の子をもうけました。

その後、御毛沼命は波頭を越えて常世の国へ行き、稲冰命は母の祖国である海へ入り、若御毛沼命は五瀬命とともに大和(奈良県)へと進出しました。


神武東征~初代の大王(オオキミ)


兄の五瀬命らとともに日向国(宮崎県)を出発した若御毛沼命は、筑紫国(福岡県)の宇佐から岡田宮へ、さらに安芸国(広島県)の多祁理宮、吉備国(岡山県)の高島宮を経て難波の岬(大阪湾)に着きました。

ここから河内国(大阪府)を通り大和へと入ろうとしましたが、大和を拠点とする長脛彦(ナガスネヒコ)の激しい抵抗に会い、進むことが出来ません。

若御毛沼命は「日の神の子である自分が、日に向かって戦ったのが良くなかったのだ。日を背にして戦おう!」と言って一旦退却し、御神託を受けました。

その後、進軍を続けた若御毛沼命は紀伊国(和歌山)から大和へ入り、無事この地を平定しました。
そして橿原宮で即位し、初代の天皇である神武天皇となりました。

※このとき若御毛沼命が御神託を得て天照大御神(アマテラスオオミカミ)と須佐之男命(スサノオノミコト)を奉って戦勝を祈願した地は後に『日根野』と名付けられ、その場所に『日根神社』が建てられました。