厄除け・七五三

 子授け・安産祈願
  
 安眠・枕の祈願

 家の新築・工事の祈願
   地鎮祭・出張祭


 通信祈祷のお申し込み




 

 
  日根神社のなりたち
 

  ・ご神徳とご利益

  ・神話の世界
 
   年間の行事予定
 

  
 「まくら祭り」・「ゆ祭り」
 
   お札・お守り・祀り方
  ・通信でのお申し込み

 
   アクセスマップ
 
  ・神社・関係団体
  ・近郊の名所
  ・情報サイト


 
   お気軽にご相談ください




御祈祷

ご神前でお祓いの後、授与品をお渡しいたします。

御祈祷料


一般祈祷 5,000円~


祈願内容

安眠・子授け・安産・縁結び・初宮参り・厄除け・交通安全・合格祈願・家の新築・商売繁盛・七五三詣 など


その他、諸願ご祈祷を執り行っております。 予約優先、随時。



七五三詣り


七五三の由来


子供の成長を社会的に認知するための儀式が起源となっており、
 3歳の男女は髪置(かみおき=髪を伸ばし始めること)
 5歳の男子は袴着(はかまぎ=初めて袴を着用すること)
 7歳の女子は帯解(おびとき=幼児用の紐から帯に代えること)
を表しています。
五代将軍 徳川綱吉の子 徳松 の髪置の儀が11月15日に行われたことからこの日に神社にお参りするようになりました。
現在では子供の成長を祝う儀式として11月中七五三詣の受付を行っています。


平成29年 七五三年齢表

神社では基本的に数え年を基準にしますが、お子様の成長に合わせて満年齢でお参りしていただいて結構です。

男児 女児
生まれ年 数え年 生まれ年 数え年
平成27年 3歳 平成27年 3歳
平成25年 5歳 平成23年 7歳
生まれ年 満年齢 生まれ年 満年齢
平成26年 満3歳 平成26年 満3歳
平成24年 満5歳 平成22年 満7歳


厄祓い


厄年とは


一生のうち、体力的にも社会的にも転機を迎える時であり、節目のこの時期は災厄が起こりやすい年として忌み慎まれています。


平成29年 厄年表


生まれ年 数え年 生まれ年 数え年
平成5年 25歳 平成11年 19歳
昭和52年 41歳(前厄) 昭和61年 32歳(前厄)
昭和51年 42歳(本厄) 昭和60年 33歳(本厄)
昭和50年 43歳(後厄) 昭和59年 34歳(後厄)
昭和32年 61歳(還暦) 昭和56年 37歳